« いのちのパレード | Main | 五十嵐貴久氏の「相棒」 »

宇宙への秘密の鍵

昨日から酷い風が吹いている。会社帰り、一瞬息が出来ないくらいに風が吹いた。春一番なんてものじゃなくて春の嵐と言った方がいいのだろう。花粉も盛大に飛んでいるに違いない。ところで、地球環境では若干関連するものの話は相当に変わって、これは好いよと言って貸してもらったのが、Stephen HawkingとLucy Hawkingによる「George's Secret Key to the Universe (宇宙への秘密の鍵)」(さくまゆみこ訳、2008年2月20日第1刷発行、岩波書店)である。あの理論物理学者のStephen Hawkingと娘Lucy Hawkingの共著だ。Robert Jastrowの「Red Giants and White Dwarfs(壮大なる宇宙の誕生)」(小尾信禰訳、昭和59年7月25日第1刷、集英社文庫)なども好かったが、科学とファンタジィとの融合、これはこれで面白い。

環境保護者の家庭で育つジョージが、Hawkingお隣のアニーや父親の科学者エリックに出会ったことから、お話は始まる。生意気なコンピュータ、コスモスも登場する。我々が使うパソコンも、話はしないにしても大体が生意気だし、時々自我を主張するものであるが(使い方が悪いだけかな、笑)、コスモスは喋るのだからなおさら始末が悪い。そんなこんなで話は進むのだが、科学的な解説も挿入されていて、子供は楽しみながら内容も理解できるようになっている。大人なら1時間もあれば読めてしまう。第二巻に続くそうだ。

この本に出てくるグレアム・リーパーはHayasi_2新たな生命そのものを生み出そうとしている。「壮大なる宇宙の誕生」にも「DNAとダーウィン」とか「人類の祖先」と云う章があった。そうそう、林譲治氏の「進化の設計者」(2007年9月25日初版発行、ハヤカワSFシリーズJコレクション)のプランクトンの急激な変異による気象予想への影響とか、ユビキタス社会に於ける人類や動物のエピジェネティクス的な変異系統での突然変異なんてものも興味深いテーマであった。

|

« いのちのパレード | Main | 五十嵐貴久氏の「相棒」 »

Fantasy」カテゴリの記事

Comments

え!ホーキング博士が小説を?と思ったら娘さんといっしょに・・・。でも博士もあのコンピュータ音声で、冗談とか言ってるインタビュー見たことあるからなあ。

そういや博士の介護のバイト募集、結局どうなったんでしょう?力自慢の天文学の学生募集(爆)。結構あっちにはいそうなところが怖いですね。

学者の小説というと名作、ロバート・L・フォワードの竜の卵が思い出されますが、なんか世間にもっと名の知れた人のトホホなのが・・・としばらく考えてたらでてきました。

カー*・セー〇ン!(あえて伏字)
いや、あの小説はひどかったとか思ったら、亡くなってたんですね。ニュースで見たっけか?覚えがないや。

カー*・セー〇ンのトホホ話は他にもありまして、あの例の有名な人工衛星パイオニアとかヴォイジャーにのっけた「絵!」本人は「一定以上の知性を持つ生命体なら絶対解読できる」とか言ってましたが、言語学者が「ワタシにはこれの意味するところがさっぱり解読できません」と授業でキッパリと(巨爆)。

純金のレコード盤についても「そもそも針で溝こすって音出すとか運良く思いついたとしても、こんな程度のサンプルで言語を判別しようなどとは・・・天文学者の人たちは我々の苦労を舐めてるんでしょうか?」とものすごいこと言ってました(核爆)。

そういや前に例のNASAキ*ガイ、宇宙フェチのカンガルーと一緒にホーキング博士のコンピュータ音声システム探したことあったなあ。URLどこだっけか。ちなみに現在のマッキントッシュは標準で英語を「しゃべり」ます。

以前はたどたどしい日本語もしゃべりましたが、あまりに出来が悪くて、歴史のかなたに抹殺されたようです。抹殺された「太郎と花子」さん達は、OS8とOS8.1のディスクにおまけで入ってるはずです。9には入ってたかなあ?

Posted by: koolpaw | Feb 24, 2008 at 19:16

koolpawさん、おはようございます。
コンピューターが標準で英語をしゃべるようになったら、うるさくてしょうがないような気がしないでもないですね(笑)。ところで、カー*・セー*ンのSFはそんなに酷かったんですか。科学者がSFを書くのはたまに見掛けるのですが、Hawking親子のようにファンタジーは珍しいのではないでしょうか。dより

Posted by: dawn | Feb 25, 2008 at 07:33

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46565/40243876

Listed below are links to weblogs that reference 宇宙への秘密の鍵:

» 宇宙への秘密の鍵を読破しました。 [NOVELファンタスティック]
アッサラーム アライクム......なぜか、アラビア語。念願の宇宙への秘密の鍵買... [Read More]

Tracked on Feb 27, 2008 at 14:52

« いのちのパレード | Main | 五十嵐貴久氏の「相棒」 »