« 春の椿事 | Main | ダーク・タワー(暗黒の塔) »

海駆ける騎士の伝説

松飾などを神社へ持って行ったら、置く所がない。巫女さんに聞いてみると、一般ゴミとして取り扱うことになったそうだ。今年は預かって頂いたが、来年からはダメだそうだ。神事も環境問題の前では別格とはいかない世の中か。確かに環境は大変な問題である。でもなァ。それなら、車の量を規制しろ。都心で自家用車なんて必要あるまい。コンビニやスーパーで需要以上の物を大量に置くな。金がないとか言いながら、車は乗り回すわ、マグロは食べ残すわ、携帯電話は使いまくるわ。どうも日本は可笑しいような気がする。なんてブツクサ言いながら本の紹介でもするならば、やはりDiana Wynne Jonesかな。まァ、何となく。

Jones01_1Diana Wynne Jonesの「Everard's Ride(海駆ける騎士の伝説)」(野口絵美訳、佐竹美保絵、徳間書店、2006年12月31日初版発行)は、彼女がデビュー前の1966年に書かれた作品である。セシリア・ホーンビーと弟のアレックスの出会ったロバート・ハウフォース卿は運命の騎士か。運命の騎士を目にした者は波にさらわれるか、流砂にのまれる。時を隔てたファレーフェルでセシリアとアレックスを何が待っているのか。おかしいと思っても、それだけで何かする訳にはいかないなどと思っていたら、ひどい目にあうこともある。Otherplace01さてはて、別の意味でロバートは運命の騎士かなァ。そんなことはさておき、ヴィクトリア朝の子供たちの冒険ファンタジーを楽しんで頂こう。(左の写真~ビルの向こうに別の世界があるかもしれない。今日は風の強い日だった)

ところで、昨年、「WILKINS' TOOTH(ウィルキンズの歯と呪いの魔法)」(原島文世訳、佐竹美保絵、早川書房、2006年3月31日初版発行)を紹介していなかったので、合わせて紹介しよう。Jones02これは1973年、デビュー第2作である。とは言え、訳者があとがきで面白いことを書いているので、これを紹介の代わりにしよう。「人生にはいつなにが起こるかわからない。きっちり備えだけはしておかないと」と云うことで、この本は魔女を知ってる人も知らない人も、会社を作ったことがある人もない人も、歯がぐらぐらしている人もしていない人も、全ての人にとって必読書だそうだ。これじゃ、何が何だか判らないな(笑)。まァ、読んでみれば判るでしょう。

|

« 春の椿事 | Main | ダーク・タワー(暗黒の塔) »

Fantasy」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46565/13372057

Listed below are links to weblogs that reference 海駆ける騎士の伝説:

« 春の椿事 | Main | ダーク・タワー(暗黒の塔) »