« 東京バンドワゴン | Main | 伊坂幸太郎氏の重力ピエロ他 »

オケアノスの野望を砕け

■Clive Cussler & Paul Kemprecosの「WHITE DEATH(オケアノスの野望を砕け 上)」(土屋晃訳、新潮文庫、平成十八年七月一日発行)

最近、活劇物がなかった。やはり暑いときには活劇物ですよね(ホントかなァ、笑)。Clive Cussler氏は、「オデッセイの脅威を暴け」以来、約1年ぶりである。しかも、新潮文庫さん、伝統芸の「命令・伝言系邦題」ですね。伝統は重んじなければねぇ(笑)。

Ussler02さて、お話はNUMA(国立海中海洋機関)のダーク・ピット、アル・ジョルディーノの冒険活劇、ダーク・ピットシリーズといきたいところだが、今回はNUMAファイルシリーズと云うことで、カート・オースチンとホセ・ザバーラの活躍物語。「ロマノフの謎を追え」以来かな。当然ながら、お約束事であるセリー・ウェルドと云う美人も登場。Cussler01_1ローランドの遺宝、ナチスの幻の飛行船「ニーチェ」に、過激な環境保護団体「海の番人」のマーカス・ライアンなんてものまで絡んでくる。マッドサイエンティストのフリデリック・バーカーにキオリア族の末裔ウメアリクなんて悪役達を相手に、カートとホセは魚資源を独占しようとする国籍企業「オケアノス」の目論見を阻止できるのか。カートとセリーの運命や如何に?(少々古いな、笑)

|

« 東京バンドワゴン | Main | 伊坂幸太郎氏の重力ピエロ他 »

活劇」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46565/11524515

Listed below are links to weblogs that reference オケアノスの野望を砕け:

« 東京バンドワゴン | Main | 伊坂幸太郎氏の重力ピエロ他 »