« blogに於ける著作権 | Main | 山古志村支援を考えましょう »

宮城谷昌光氏の「三国志」(3)

■宮城谷昌光氏の「三国志」第三巻(文藝春秋)

天下が倒懸される。政治と戦とを取り違えた張温。優柔不断の何進。袁紹の次善の策とも言えぬ謀計。時代の趨勢に取り残された皇甫嵩。腐臭を放つ王朝の断末魔に歴史は耳を貸さない。現実を見ていない宦官たちに取り巻かれた王朝には天は何も言わない。滅びるとはこんなことか。全ての歯車が噛み合わず、虎狼のような董卓によって最後の皇帝である献帝が擁立される。その後、献帝から魏の文帝に譲位されるまで30年近くある。しかし、実質的には後漢時代は長安への遷都によって幕を閉じた。董卓、袁紹、袁術、曹操、孫堅、劉備、主だった群雄たちが登場してくる。

様々な士が閃光のように現れては消えるなか、「董卓に挑戦したのはふたりしかいない。曹操と孫堅である。天下の動向は、そのふたりによって定められるのではないか。」と洵彧の口に語らせる。
一方、「反三国志」(周大荒著、渡辺精一訳、講談社文庫)なども書かれるほど人気の高い劉備はどうか。「この陋質な主従(劉備、関羽、張飛)は、ややもすると人を卑しくする戦渦にもまれるうちに、人として成長するのである。」と語られる。面白い。愈々「三国志」が始まったのである。

「三国志」第三巻
sangokusi03.bmp

<参考>
「三国志」第一巻
「三国志」第二巻

|

« blogに於ける著作権 | Main | 山古志村支援を考えましょう »

歴史」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46565/1985928

Listed below are links to weblogs that reference 宮城谷昌光氏の「三国志」(3):

» 一億人のブログ大賞にご参加ください [一億人が集まるブログ]
「一億人が集まるブログ」は良質なブログの発掘と紹介を目的としています。 当ブログにトラックバックしたブログから、内容の充実した、そして多くの方々に紹介したいブ... [Read More]

Tracked on Nov 18, 2004 at 00:12

« blogに於ける著作権 | Main | 山古志村支援を考えましょう »