« 「ねこのばば」 | Main | 「アキハバラ@DEEP」 »

「呪文の織り手」

■Title:The Spellcoats(Dalemark Quarter 3)  Auther:Diana Wynne Jones  三辺律子訳 (創元推理文庫)

日本語訳では「デイルマーク王国史3 呪文の織り手」である。まさにデイルマーク王国史四部作の第三巻と云うことになる。私は間違えて買ってしまった。粕谷知世さんの親切な解説「一、二、三巻はそれぞれ独立した物語なので、どこから読んでもかまわない。」のお陰で安心して読めた(書いてあったのが最後のページだものね、大抵解説は読まないのだが、大変感謝)。ちゃっかり一、二巻も別の本屋で調達してきた(笑)。

それにしても、Diana Wynne Jonesとは思えないような作品である。全編読んでしまわないと怪しいが、どこにも吹っ飛ばされず、大どんでん返しも食わなかった。5人の兄弟、長女のロビン、長男のガル、次男のハーン、次女(わたし)のタナクィ、三男のマラードそれぞれの言動、性格には頭の隅をかじられるような気持ちにさせられる。でも、各々の性格はストレートに何か、まさにそれ故のものに突き進む。川を下り、また戻る長い旅の中で、タナクィは物語を織る。これが何の役に立つのか。

タナクィとともに全容が次第に明確になってくる。織物が言葉の表裏を捉えていく。同じように「魔法の国ザンス」シリーズの世界でも物語をタペストリーの中に見る場面がある(何巻だか忘れた)。ただ本質的なところが大きく違っている。

ところで、この作品を読みながら、主題等は相当に異なると思うが、山鬼(『土佐本川郷「寺川郷談」、土佐方言詩集「いごっそうの唄」1984年土佐出版制作室刊』⇒『「日本方言詩集」、川崎洋編、思潮社』)を思い出した。

<山鬼より抜粋>
・・・・・・・・(略)・・・・・・・・・・
そんなら
山鬼とはたれのたましいですろうか
・・・・・・・・(略)・・・・・・・・・・
ありゃあ もしやおまえさんの
ひきちぎれたたましいではありますまいか

「呪文の織り手」
diana01.bmp

【追記:「ハウルの動く城」のお陰(せい)か、Diana Wynne Jonesの作品が数多く紹介されるようになった。この作品のように最近の作風とはかなり趣を異にするものも多い。嬉しいような、残念なような複雑な心境である。】

<参考>
1.詩人たちの旅
2.聖なる島々へ
4.時の彼方の王冠

|

« 「ねこのばば」 | Main | 「アキハバラ@DEEP」 »

Fantasy」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46565/2097241

Listed below are links to weblogs that reference 「呪文の織り手」:

» 『呪文の織り手』 [よろずことのは]
『呪文の織り手』  ひきつづきデイルマーク王国史。しつこいですがダイアナ・ウィン・ジョーンズ描く正統派のファンタジー。 さて、1と2は王が去り南北に二分されたデイルマークが舞台でしたが、今度は時代がぐっと下がって、デイルマーク王国ができる前、<川の国>と呼ばれていた頃の話です。 主人公はタナクィという名の少女で、織物が得意。彼女は兄弟4番目で、長女がロビン、長男がガル、次男がハーン、末っ子の男の子がダックです。彼らが住んでいたのはシュリングという村の川べりの家。同じ国のお話とはいえ時代が下... [Read More]

Tracked on Sep 28, 2005 at 21:52

« 「ねこのばば」 | Main | 「アキハバラ@DEEP」 »