富山・金沢旅行その4

Img_0793

翌朝、シャトルバスで兼六園へと向かう。路線バスに、まちバス、シャトルバスなど様々なバスがあり、便利。しかも、シャトルバス、まちバスは休日100円。兼六園は国内外の観光客が大勢いた。兼六園の中の石川県立伝統産業館には、輪島塗や加賀象嵌の良いものがあったが、高くて買えず、金沢城のお菓子フェアで、金つばを買った。その後、近くの玉泉園内にある「かなざわ玉泉邸」(要予約)で昼食をとる。お昼から飲み過ぎ。

Img_0796_2

最後に訪れたのは、金沢21世紀美術館。特別展「西京人 Xijingmen」のせいかどうかは不明であるが、入場券を買うのに45分も待った。レアンドル・エルリッヒの「スイミング・プール」、ジェームス・タレルの「ブルー・プラネット・スカイ」など興味深い作品がある。

Img_0806

Img_0809


» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

富山・金沢旅行その3

富山・金沢旅行

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

富山・金沢旅行その2

Img_0749

翌朝、富山城まで歩いていると、市内は花でいっぱい。凄いなァと思っていたら、この5月にG7環境大臣会合が富山市で開催されるのだった。なんだそうかと思いつつ、富山城に着いた。富山郷土博物館と富山市佐藤記念美術館を覘いてみた。新国立競技場のデザインで注目された隈研吾氏のデザインによる「TOYAMAキラリ」は、富山市立図書館本館、富山市ガラス美術館などが入る複合ビル。木をふんだんに使っている。若い人の撮影が目立つ。

Img_0751

百貨店大和の先に薬種問屋「池田屋安兵衛商店」がある。丸薬作りの実演を見て、薬膳の材料を買う。堤通りからは立山連峰が見える。富山市内には観光客は殆ど歩いていない。皆さん、富山市に泊まって朝早くに黒部や立山へ向かうらしい。

酒屋で、「満寿泉」、「幻の瀧」、「三笑楽」など6本を購入。昨晩教えてもらった「勝駒」は高岡市の清都酒造(きよとしゅぞう)の酒だということで、富山市の酒店では殆ど扱っていないと言う。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

富山・金沢旅行その1

富山・金沢旅行

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

猿の楽園

 「博物館に初詣」(東京国立博物館)も、申年(2004年)から始めてちょうど一周したそうだ。私は、翌年の「酉・鳥・とり」から通い出した。

 1月2日に「猿の楽園」を見に行った。どうもサルは可愛くないので(偏見かな)、出展数は少なかったが、それなりに面白かった。

01_2

 博物館で法隆寺のお香を買って、その後いつものように韻松亭で食事。少々飲み過ぎた。



 

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«知財検定2級過去問集